地質調査とは

地質調査

安心できる地盤

昨今、日本の各所で地震への対策が急がれる中、建物自体を地震に強い構造にすることももちろんですが、その基礎がまず安心できる地盤であるかどうかが大前提です。そこで、必要となってくるのが、地質調査です。

調査の種類

地質、土質、基礎地盤、地下水などの地下の不可視部分については、地質学、地球物理学、土質工学などの知識や理論がベースになります。地表地質踏査、物理探査、ボーリング、各種計測・試験などの手法を用いて、その「形」、「質」、「量」を明らかにすることが定義されています。

ボーリング調査

地層構成を調べる"試験"

ボーリング調査とは、その地層構成を調べるための試験であり、土資料の採取及び標準貫入試験などを行うための孔を掘ることを指します。

標準貫入試験とは?

標準貫入試験とは、ボーリング調査で掘った孔を利用して、土の硬軟や締まり具合、土の種類や地層構成を調べるための試験です。
その試験の際に、割り出される数値がN値といいます。
N値(※)とは日本工業規格(JIS-A-1219)で規定されている方法によって、その地点における土の硬軟、締まり具合の相対値を知るための数値です。

【※N値】
標準貫入試験において、重さ63.5±0.5kgのハンマーを76±1cmの高さから、自由落下させ、標準貫入試験用サンプラーが地盤に30cm打ち込まれるのに要する打撃の回数のことです。

標準貫入試験とは?

厳密に言うと、ボーリング調査と標準貫入試験は別物ですが、基本的に標準貫入試験はボーリング調査と併用で行われることがほとんどです。 "ボーリング調査"といった場合には、その多くが「ボーリング+標準貫入試験」と解釈されています。
試験終了後はボーリングロッドの先端に取り付けられた標準貫入試験用サンプラーを地上に引き上げ、採取した地質試料を観測記録し、各層の主な試料を専用の容器に納めて地質標本とします。

上記、一連の流れをまとめて報告としてあげさせていただくことが当社の仕事です。
また、ボーリング調査をご依頼の際は、基本的に機材搬入経路の確認のための事前現場視察をさせていただきます。

地質調査・ボーリング調査のことならお気軽にお問い合わせください。営業活動から作業報告まで自社管理なので、迅速に対応いたします。TEL 052-801-6225 FAX 052-801-6240